年式と走行距離から判断する中古車の選び方


走行距離の見分け方を理解しよう

中古車を購入する場合には、少しでも程度の良い自動車を安く購入したいと考えている人が多いでしょう。すると、「そのようなうまい話しがあるわけがない」と思う人もいるかもしれません。ですが、走行距離の秘密を知っておくと質の高いものを安く購入できる可能性があります。

走行距離で見る場合には、キリの良いを少し超えたぐらいの自動車を狙うとよいです。例えば、4万9500キロメートル走行した自動車と5万500メートル走行した自動車は、走行距離の点で判断するとほとんど違いはありません。ですが、キリの良い5万キロという数字を少し超えると長く走っているように感じてしまうものです。そのため、多くの人は走行距離が若干短い方を選ぶでしょう。そうすると、走行距離が若干長い自動車は安く設定されている可能性があります。それを狙うことで、安く購入できるわけです。豆知識として買い取りの場面では、5万キロを超えると買い取り価格が安くなることも知っておきましょう。これは5万キロ以上走行した自動車は、市場でそれほど人気がないことを裏付けているとも言えます。

年式でお得に購入できるものは

中古車の年式を見ると、新車の購入して3年目の車と5年目の車、そして7年目の車が安い傾向にあります。なぜそのような傾向が見受けられるかといえば、それぞれ車検の年にぶつかっているからです。中古車として売却する人は、車検の年に売却する人が多い傾向にあります。すると、車検の年に同じ年式の中古車がたくさん出回ることになり、その結果安くなる仕組みです。特に最近は5年目ないしは7年目に手放す人が多いため5年目と7年目の中古車は特におすすめと言えるでしょう。

ボルボの中古車は全国各地の中古車専門店で購入できます。実店舗へ行くのが難しい場合はネット取引やオークションでも購入可能です。